2021年04月02日

運動部の上下関係

世の中には、何故なのか?神様の悪戯ではなのか?と問いただしたくなるような、理不尽なことが山ほどある。

その筆頭は運動部だろうなぁ。
殴られたり、おかしな事をやらされたりした人は結構いるのではないだろうか。


殴られたりするのは、目をつけられている人間だけなのかと思い込んでいたら、PL学園の場合は違う。
例えば、KKコンビとして高校球児のスター的な存在だった清原さんも、かなりかわいがりをされたらしい。
ホームランを簡単に打ててしまうので、わざとライト方向に打って柵越えしないようにしていたという😩1年から抜擢されたこともあって、やっかみがあるのが分かるが、特別扱いされていなかったことには驚いた。
もう一人のKこと桑田さんは、こうした上下関係を良く思ってないことを何度かメディアで話しているが、清原さん曰く、やられなかったそうだ。真実は如何に?

ある動画のコメントをチラ見していたら、
行きすぎてしまった厳しい上下関係から、死者が出てこともあったようだ。
その結果、同学年の部員らが、抗議の座り込みをしたと記事にはあった。
そういう悪しき伝統が残っていたから、野球部が廃部になってしまったのか...

僕の母校でも、確か大量に部員が辞めたことがあった。
監督の指導法なのか、部員間のいざこざなのかは不明だが、練習が厳しいことならともかく、上下関係「が」厳しいというのは、今の時代では理解を全く得られないだろう。
社会に出る前のトレーニングと考えれば、厳しさ抜きでやるのはあり得ない。しかしながら、学生だけでは誤った方向に行きかねないから、定期的に外部のコーチの指導を仰ぐと良いのではないか。何かを教えることにかけては、言語化して伝えるのに長けている人はいる。井の中の蛙は、やはり拙いのだ。


★追記
小学校1〜2年くらいの頃だろうか、僕もご多分に漏れず、プロ野球選手に憧れていたことがあった。
デーブ大久保さんが動画で、プロ野球の西武と巨人の練習量の違いに言及されていたが、黄金期は凄まじかったようだ。それを聞いて、憧れで留めておいて良かったとつくづく思ったのは言うまでもない。

たぶん、セ・パの傾向は今でも同じだろう。
2年連続で日本シリーズで巨人が4タテを喰らうというのも偶然ではないのだ。


ラベル:生きること
posted by Joey at 23:42| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事