2020年06月02日

古本の買い取り依頼で仰天

とんでもなく安い!!!


数社を調べてみたところ、いずれも買い取り価格が安いという不満は必ず出てきたから、まぁ仕方がないかと思っていた。
でも、密かに希望していた額の1/5になるとは想像できず(泣)

同じ業者を数年前にも使ったことあるのだけど、その時はもっと高く買ってくれたような気がする。
あれは幻想だったのか、時代が急速に変わったのか。

最近では値付けが1円(送料で儲ける)という本を多く見かけるし、旬の時期を過ぎたソフトカバーの本はゼロ円査定だろうな。
こういうのを体験すると、図書館で借りるか古本を買いたくなってしまうのだ。
まぁ、持っていてもかなりの確率で積ん読のままになるから、誰かの手に渡れば捨てるよりはマシだと考えよう(涙目💦)


一応書いておくと、CDやDVD、音楽雑誌などは専門の店に売る方が良さそう。


★追記
技術発展させた挙げ句に、自分たちの仕事が無くなるという、とても皮肉なニュース😩
日経か、どこか他でもAIに記事を書かせている事例はあった。
過去の膨大な文章を読み込ませて条件を指定すれば、ある程度の型には対応できそうだ。

MicrosoftがAI編集者を“雇用”、MSNニュースの編集スタッフ数十人は契約終了へ
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1255985.html
同社は複数のニュース媒体から提供されたコンテンツを選択して誌面に掲載しているが、AIを用いたコンテンツの取捨選択のアルゴリズムにめどが立ったことで、編集スタッフの契約終了に踏み切ったとみられる。



posted by Joey at 22:05| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事