2021年01月24日

ルックス命!(その2)〜美容整形

整形手術を知ったのは小学生の頃だろうか?
今ほど一般的ではなかったが、最近では日本人の例も割と見聞きするようになった。有名人では元プロ野球選手の新庄剛志さん、桑田さんの次男Mattなどが挙げられる。

隣国では日本以上に抵抗がなく、30〜40%くらいは実施しているそうだ。ある時、9人組のグループの写真を見たら、随分似た顔が揃っている(^^;)フォトショップの威力なのか、オーダーした顔が同じだったのか?

整形手術に踏み切る理由としては、なんとなくネガティブな部分を解消したいということの方が多いのかなと推測している。
子どもの世界は残酷だから、可愛い子がチヤホヤされ、そうではない子はそれなりの扱いしか受けないという現実を受け入れられないことがある。森三中の大島さんくらいのイジメに遭えば、普通に生活するということも考え直すだろう。

❝裸で砂場に埋められ「ブス」と罵られた、辛く長い小学校時代。バスケットボールをぶつけられ、毎日鼻血を流した中学時代。❞
ブスの瞳が恋されて(大島美幸 著)からの引用


『人は見た目が9割』という本があることからも、ルックスが武器なのは確かだ。それゆえ、残りの人生を楽しく生きていく為の投資と考えのもアリかもしれない。

↓で紹介されている中国人の女の子は、なんと16歳にして100回以上の施術を受けたという。
初の整形手術後に、嫌がらせをしていた子までフレンドリーになったのが、のめり込むきっかけになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc97e04db198600612d8483e9d4bd52a54790b3d

整形ではないのだけど、数年前にネットで知り合ったJD(当時)は○フレが常時5人はいる子だった。何故かと訊くと、そういう関係になるとお姫様扱いされるからだという。僕は実際に会ってはいないので容姿は確認はしていないけど、彼女は随分気にしていたな。コンプレックス恐るべし。


整形手術で失敗したという記事は、ごくたまにシェアされてくるが、この記事の彼女は、望む容姿を得るために視力、記憶力、肌の張りの低下、手術痕などの問題とも対峙せざるを得なくなった。
これらの問題とのトレードオフとして、美を選ぶかどうかは自分次第。



因みに僕は、ワンポイントくらいならやっても良いと考えるタイプ。


ルックス命!〜ファッションは顔が全てということが分かる8枚の画像


posted by Joey at 23:32| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

「Happy Birthday」と「I love you」に垣間見える心理

FBの誕生日を知らせる機能をオフにしている人は、おそらく友人が多いのではないか。
基本ぼっちな僕はそのままにしている。それは、自分の存在(記憶)が相手の脳裏から容易に消されそうな気がしたからだ

「Happy Birthday」という言葉の解釈の仕方は、生まれてきてくれてありがとう、親にさせてくれてありがとうなど、人によって違うかもしれない。
僕には、「I love you」と同様に、相手の存在を最大限肯定しているように響く。彼、彼女は現在、存在している。どういう関係性であろうとも、相手を否定していないからこそ使える表現ではないかと。

僕のFBFの中には某業界の有名人がいるのだが、彼は直接面識がなくとも毎年メッセージをくれる。
超無名の僕を気にかけてくれているのは嬉しい限りだが、おそらく他の人にも同じようにしているのだろう。重鎮として、長年君臨している理由がなんとなく見えてくる。


★追記
相変わらず、寒い。財布の中身も、部屋の気温も(号泣)
そろそろ雪が降りそうだな...

今シーズン初めてエアコンのスイッチを入れた。
超久々だから、タイマーが壊れている?
起動するまで少々時間がかかっても、暖かさがありがたい。
posted by Joey at 22:50| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

すごいJCがいるものだ

中国語を2ヵ月で覚えたというのも、ニュースでは一部分しか映していないと反論する人は出るだろうが、英検1級や数研準1級を既に取得済みである事実からしても、並のJCではない。

巷で人の能力について話題になることがある。
芸事やスポーツは遺伝の要素が強いので、多くの人が一流になることは難しい。
それならば勉強はどうかといえば、仮に同じ潜在能力があったとしても、机に5時間向かって平気な人と、20分しか耐えられない人では得られる成果が全く変わってくる。
著書を何冊も出している山口真由さんが長時間勉強した旨を書いているように、絵が上手かったり、早く走るのと同じように、才能と呼べるのではないか。






世の中には頭の作りがちょいと違うのではないかと思わせてくれる人は、実際にいる。
僕が一時期外資勤めをしている時の同僚がそうだった。
勝てる面がなかったワケではないが、強がっていても心の中では彼らに対して白旗を揚げていた。悔しいけど、自分とは根本的に作りが違うと思った。

ミュータント・モンスター的な彼女は、高校には行かずに高卒認定取得〜大学を目指すそうだ。
たぶん、学習内容に関してはおそらく独習で早々に済んでしまう違いない。

一瞬、リアルな高校生活を送らないことで対人スキル習得に影響はないのかと心配にはなったが、天才は見えている世界が違うのだ。
目的地に一番早く到達するやり方を、取捨選択できるのだ。外野が口を挟むべきではない。
そもそも学習速度が桁違いなのであれば、凡人とは合わないだろう。

こういった天才たちのことは、願わくば5年おきくらいにどういう人生を送ったのか教えて欲しいものだ。


ラベル:チャレンジ
posted by Joey at 23:45| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事