2016年08月22日

英語が上手くなれば嬉しいけど、普通にやっていたら無理だワ...

過日、アメリカ人を伴侶に持ち、現在アメリカに住んでいる日本人女性と少々やり取りした時、あまりにもエーゴ、エーゴと主張するのには辟易しました。
白人が世界を牛耳り、その中でも最も多く使われている言葉が英語だから仕方がないことではあります。
しかしながら、使用する文字が他の言語より分かり易いというのは認めざるを得ません。これは世界のメジャーな言語を載せている辞典を見た時に思いました。

ただ、如何に日本人が英語ができないのかという、ステレオタイプの意見を振りかざしているのは見苦しい。
そんなの誰も分かっているし、
もし過半数以上が普通に英語を仕事で使えたら、英語が堪能な外交人労働者との置き換えが進み、かなり多くの日本人は失業するでしょう。
シンガポールのように上手くビジネスと教育で英語使用を成功させている国になれる可能性は低いと思います。
それは国の成り立ちやリーダーの資質が違うからです。

三橋氏が言うように、フィリピンのような国になる可能性の方が高いと思います。
ある一部だけが英語を使えるという今の状況の方が、国民全体の幸福と不幸の絶対量を考えると、この国には合っているように思います。

こんなことを書きたくなったのも、語学と海外移住に関して警鐘を鳴らしている記事↓が回っていたからです。貼っておきますので、興味ある方はどうぞ。
僕自身も語学の重要性は否定しませんし、これからまともな職にありつく為には母国語の他に、英語プラスもう一つ言葉ができると強いですよね。

でも、日本の環境にいたら、多くはそうはならないです。
単純に日々の使用量が少ないから。
スパルタで有名が某学校の教師も言ってました。殆どの生徒は中級で終わると。

僕自身は、話しは下手だし、言語能力はとても低いのは分かっていても、何故か英語に関しては諦められない。
心の奥底で、放り投げた後の怖さがどうしても残っているのです。

そんなことを、ズバっと言い当てられました。

>仕組まれた英語化策略の罠。

嗚呼...

http://ijyuu.blog.jp/archives/1052277017.html

13934776_1102548743164054_5250342637273284340_n.jpg



ラベル:フィリピン
posted by Joey at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

【秘宝】語学学習者の友、CaptureStreamがひっそりと配布中止になっていた【悲報】

CaptureStreamでNHKの語学講座の音声ファイルがダウンロードできなかったので、調べてみたら↓のようなことになっていたのですね(超汗)
確証はないですが、訴えられたのかもしれません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12160198937


「きゃぷる★しゃべる ver1.1.4」を使うという方法もありますが、やってみたらファイルサイズが約2倍になってしまいました(涙)
http://www.takanashi-it-factory.com/archives/1899


どうしようかと思っていたところ、「ffmepg .exeを最新バージョンにしたらうまくいきました。」↓というコメントを見てトライしたら動いたので、使えるうちはこれでいきます。
新規の人は、「きゃぷる★しゃべる ver1.1.4」をどうぞ。
https://osdn.jp/projects/capturestream/


入手先は↓で、僕が使ったのは「(Core2最適化版) QSV対応」です。
作業的には、CaptureStream内にあるファイルと取り換えるだけです。
細かいことは分からないので、何かあった時の為に、元々あったffmpegはDドライブに保存してあります。
http://blog.k-tai-douga.com/category/359294-1.html


語学講座を録音するというのは便利である反面、宝の持ち腐れになる可能性があります。
特定の講座に絞って、自分が復習できる範囲で行うというのが賢いやり方ではないかと思います。


■追記 20160628
分かり易くまとまっているサイトを発見。
ffmepg .exeに関しては、僕が見つけた内容と違う(~_~;)
まぁ、動いているから良いですけどね。

NHK語学講座をCaptureStreamでダウンロードできない不具合の直し方
http://iwllgiveitatry.com/english/capturestream-2/
posted by Joey at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

反省と自己弁護の表現を英語で学ぶ〜モニカ・ルインスキー: 晒された屈辱の値段

「モニカ・ルインスキー」と聞いて、「ああ、あの人か」と思い出すのは、ある程度以上の人ですね。

そう。サックスを吹く元米国大統領と不倫をした人です。
そんな人をTEDに出すとは、ちょっとビックリしました。
見る前から、話すネタは不倫の話しか無いと分かっていたワケですが、どん底に落ちた時にどう思ったかということに興味があったので、最後まで観てしまいました(日本語字幕も選べます)
英語を話す人間が自己弁護をする時はこうやってやるのか、という意味では参考になりました。

ゴシップのネタを提供しただけの人ですし、TEDに相応しいか?という投げかけがあれば相応しくは無いと答えます。
恐らく、お金も積まれたのでしょうし、本人としても過去と決別した姿勢を周りに示す必要があったのかもしれません。
これが、もし日本人ならばここまで勇気が出せる人は少ないのではないかな...


こんな内容ですが、英語の教材として考えると、反省の表現が学べる他、かなり聴き取り易い発音ですので良いと思追います。
スクリプトも用意されていますので、学習者には至れり尽くせりです。



蛇足ですが、米国にホームステイした際、そこのパパとママが大ゲンカしたことがありました。
リビングからベッドルームに行って、延々と怒鳴り合いです。文字通り「咆哮」という感じでした。
当時、クリントン家もそれに近いレベルのことがあったことでしょう。政治家になれるような奥さんですから、普通の人よりも弁が立つ。ううう。想像しただけで恐ロシヤ(~_~;)

11229300_921615001213632_759966816339124570_n.jpg


さて、今日は久々に請負バイトの仕事が送られてきました。
いつもと違うヤマトの人が配達だったので、9:12に到着。
こちらはまだ寝ぼけ眼のまま。

昼メシを喰って、漸くエンジンがかかったか?

posted by Joey at 16:47| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする