2020年09月09日

『英語と日本軍 知られざる外国語教育史』読了

SNSで紹介されていて、他では見られない切り口に興味を持った。
オランダ他から技術を学び始めた江戸時代から終戦直後までに、国としてどのように外国語の習得を推し進めていたのかを書いている。

歴史に興味を持って近現代史にまつわる本を読むようになり、多くの人は「兵站」を軽視していたから日本は負けたと言う。しかしながら、外国語習得においても陸軍と海軍で方針が違うだけではなく、戦略的に学ばせる視点に欠けていた。ガッカリ、である。

今のように教材が何でも手に入って、その気になれば格安で語学留学に行ける時代ではないから、外国語を身に付けるのが困難だったのは想像に難くない。

そんな状況であっても、最初の方に出てくる、アメリカの日本語特訓コース(ドナルド・キーンも参加している)の話が興味深い。両言語は全く違った体系に基づくものであり、モノリンガルが多いアメリカ人が覚えるのは苦行であったのだろう。なんと自殺者まで出ている。
相手は、ここまで本気になって日本を倒そうとしていたのだ。
それに引き換え、日本の兵学校での英語教育は十分だったとは言えない。仮想敵国を英米とした海軍とは違い陸軍はドイツLOVEだったようで、東条英機元首相がナチスに入れ込んでいたこともあって、ドイツ後を学んだ人は出世コースだったようだ。戦場で使えるような会話集が与えられても、日本兵にとって使用頻度が高い筈の中国語、朝鮮語に至っては、殆ど教えていない。

これだけでも、「差」感じざるを得ない。

実際、終戦後の報告書「日本陸海軍の情報部について(P185)」によると、ドイツが勝つと断定し、連合国を不当に過小評価していたとある。情報学級、情報課程(いわゆるインテリジェンス)も無かった。
過去に戻れるなら、お節介な僕は昔の上司が教えてくれた「段取り八分」という言葉を軍の上層部に送りたい。
準備の段階で勝敗は、ほぼ決していたのだ。


当時のエリート集団でさえ、「通常の授業によって実用的な英語を使いこなせる将校を養成することは困難だった(P265)」とあるのは、現在でも大きく変わってはいない。これは完全な植民地になったことがないということであり、最近話題のモンゴル自治区のように母国語を奪われることが無かったのは幸せだった。
お陰で、日本語だけで生活が事足りてしまう以上、自助努力無くして語学力が向上するのはあり得ない環境になってしまったのはやむを得ない。

それでも英語習得を目指すなら、オーラル・アプローチ(模倣、記憶、文系練習/P220)の一択だろう。米軍が日本語の特訓に用いたやり方だ。裏を返せば、これ無しでは上達は覚束ない。それを確認できただけでも、この本を読んだ価値はあった。



★その他
・第1回伝習生は、1年数ヵ月の訓練で長崎〜江戸まで蒸気船(観光丸)を廻航した
・特攻隊での戦没者には、エリートはとても少ない。一覧表を見て、つくづく人生はアンフェアだと思った。ブラック企業と変わらない。
エリートは生き残り、戦後公務員や実業界に転身するなどしている。海上警備隊が1952年に作られた時も、幹部や下士官の98〜99%は海軍出身者だ。
・ポツダム宣言黙殺が報道された為に、原爆投下に至った(拒否すれば、完全な壊滅と警告されていた/P214)


https://amzn.to/2ZlCov8
51yPiv0gXlL.jpg




posted by Joey at 22:41| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

他言語習得の前に、母国語が大事であることについて

僕が子どもの頃と比べると、国際結婚が増えたと感じる。
街中でもハーフの子を見かけることがあるし、タレントでも欧米系のみならずアジア系も増えている。

かくいう僕も、何も知らない頃に国際結婚を考えたことがある。
なんかオシャレな感じがしたのだ。
でも、日本人同士だって離婚件数が増えているのに、考え方や生活習慣が違う国の人間が共同生活して上手く行くと考えること自体、楽観的過ぎかもしれない。

そういった家庭での悩み事としては、子どもの言語習得ではないか。
どちらかの言語偏ってしまえば、もう片方の祖父母や親戚とのコミュニケーション手段が失われる。

勤め人でも、長いこと海外勤務になってしまった場合でも言葉の問題は起こり得る。
たまに、外国に住んでいるとその国の言葉を容易に習得できる...的な誤解をしている人に遭遇するのだが、それは小学生前半くらいまでの話だと思う。親が率先して、語学を身に付ける手助けをしないと、中途半端なレベルになりかねない。
海外に数年間住んでいた人が、何回も英検準1級(TOEICなら700点台あれば受かる可能性アリ)に落ちているなんて話もあった。

↓を読んでみても、他言語を同時習得することが如何に大変か分かるだろう。
同じ言語体系の言葉ならまだしも、日英のように対極にある言葉の場合はコーチが必要だ。
何も知らない人からは「バイリンガル(若しくはトリリンガル)」などと持て囃されても、実際はセミリンガルやダブルリミテッドだったら切ない😩

"セミリンガル"という苦悩…3か国語どれもペラペラ話せると聞いていた学生から「先生はいいね」と言われ、小学校から高校までの話を聞かせてくれた
https://togetter.com/li/1571518

以前、アメリカ在住の日本人♀と意見が食い違ったのも、彼女は母語の大切さを理解していなかったから。ただ、日本人の英語をネイティブレベルにすることが必要だと固く信じていた。
もし日本人の多くが英語を普通に使えるようになれば、外国人と置き換え可能になるということだ。おそらく、フィリピンのようになるだろう。

今でも母語が大切だというのは間違っていないと思う。
考える時に頼る言葉であるだけではなく、母語が流暢でなければ自身のアイデンティティーすら感じられなくなるだろう。


かくいう僕も、恥ずかしながら言語能力は高くない。
特に発話は昔からコンプレックスで、その場しのぎで誤魔化してきたこと多数(^^;)
緊張して言葉が出てこなかった時、周りに助け舟を出して貰えず消え去りたかった。
ネタを仕込むようになって、なんとか対応出来るようにはなったけど、自分では平均点さえ達しているレベルだとは思わない。
テレビなどで、ちょっと喋って笑いを取れる人は神様に見える。

英語でSNSに投稿したりするようになって、色々と日本人学習者の体験談を読むと、母語でキチッと表現できるのが大事なようだ。
考えてみれば、自分が一番分かっている言葉で表現できなければ、他言語では確実に無理だ。
親の都合で海外生活を強いられた人のみならず、親が国際結婚した人、僕のように元から不得手な人は練習するしかない。
ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 23:29| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

謝らないアメリカ人

アメリカ人の中には、どうやらSNSのスレッドの意味がよく分かっていないヤツがいる。
投稿主が書いたことに対して反応し、個別のコメントに対しては各々ダイレクトに返信するのが普通だが、トピズレを平気でやってくるのには閉口する。
ベースになっている話が違えば、意見は食い違う。
日本のSNSなら、あまり酷いと注意される。

うんざりすることに、彼らはこのスレのトピックを見ろ!と言っても通じないことがある。
そして、勝手に誤解していても絶対に謝らない。

普通の日本人からしたら、どうでもいいようなことで勝手にエキサイトして、長々書いてくるのは辟易する。
日本の会社なら、シンプルにまとめられないのは能力の無い証拠。
英語ネイティブだからといってスゲーなんて思わない。内心、コイツはアホなのか?と思う。
向こうからしたら、言い負かすのが美徳なのかもしれないが。


★追記
AIを使って良い人材を採れればよいけど、その前にソフトバンク自体の存続が危ういのをなんとかするべきだろう。




posted by Joey at 23:50| Comment(2) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事