2019年10月31日

『秘録・自民党政務調査会 16人の総理に仕えた男の真実の告白』読了 

長きに渡って自民党の職員として仕えた総理のみならず、
他ではあまり読めない政治家のエピソードが書かれた本。
個人的には、政調会長時代の橋本龍太郎にまつわる話が面白かった。
割と読みやすい分、内容の濃さには欠けるきらいがある。

裏方ではあっても政治家からも意見を求められる立場の方であり、党内シンクタンク的な印象を受けた。
基本的に有能な人なのだろうが、ちょっと???と思う箇所もある。
例えば、韓国との慰安婦に関する交渉(1995年)で解決済みとしながらも「人道的な観点から基金の設置を検討している」と筆者が提案している(P80)のは、結果的には「おかわり」OKの歴史的汚点を作るきっかけになったことを理解はされていないご様子。残念。

また、アメリカとの防衛に関する打ち合わせでも、日本は唯々諾々とアメリカの言いなりになっていたワケではなく意見をしっかり伝えていたと書いているが、マイケル・グリーンやリチャード・アーミテージと「必ず」会っていたと知ると説得力があまりない。彼らがジャパンハンドラーとして有名なのはご存知であるハズ。
生で聴いた講演会での様子から判断すると、アーミテージは「かなり偉そうなヤツ」だ。日本にへりくだったり、やり込められるとは思いにくい。

handshake-4229703__340.jpg

勿論、政権奪取されて下野した時のことや、自社さの連立政権にも触れている。
自民党の政治家や、自身の仕事内容については手厳しい部分は感じられず、手前味噌な部分もあるものの、こちらは多少の毒は入っている(当然か)。

僕は自民党支持者ではないが、野党が政権を取った時はこういう状況だったのかと知ると、「任せられないな」と改めて思わざるを得ない。
要は烏合の衆なのだ。
会社の業務ならともかく、国を運営していく上で、経験が無いから...と言い訳するのは許されないのだ。
野党の人は、同じ失敗を繰り返さないようにこの本に目を通しておいた方が良いだろう。

野党共闘により政権奪取された細川内閣の時は、政策決定のプロセスが確立されておらず、官僚から"素人集団"だと舐められていたらしい(P51)
それを垣間見ていた為、自社さ連立政権時代では、政策決定システムを整備したようだ(P54)

民主党政権時代は、今でこそ安倍首相が"悪夢だった"と公言し、多くの国民が頷いている。
自民党が野党時代も政策提言していたのとは違い、鳩山、菅政権時代は自民党からの政策提言は受け付けなかった。
立憲/国民民主党に別れてからも建設的な政策提言は一切ないと筆者は言う。
それだけではなく、党の職員を派遣して役人の監視をしていた(P252)のには驚いた。

外交面でも、野田総理(当時)が胡錦濤のメンツをつぶした話はもっと知られるべきだろう(P232)
尖閣の国有化はしないでくれと言われて了承したにもかかわらず、
すぐに閣議決定していまい、その後、中国船が現れるようになった。


民主党は、(分裂した)今も昔も変わらない。
筆者は「昔の」菅直人の仕事ぶりは評価しているが、
批判ばかりしていることで、
性格がねじ曲がり、人相も変ったと残念がっている。
確かに昔の写真を見ると、今とは相当違う。
老化を理由にできない部分があるな、と反面教師として捉えたい。

秘録・自民党政務調査会 16人の総理に仕えた男の真実の告白


★追記
10月は読み終えられたのは1冊(~_~;)
歯の治療に伴う痛みが引かずに読む気が起こらなかったのが尾を引いた。

posted by Joey at 21:10| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

『大人だからこそ忘れないでほしい45のこと』読了

本日は2回目の治療の為、歯医者へ行ってきた。
被せものの下にできた虫歯が大きく、神経まで到達しているとのこと。虫歯の箇所を取れるだけ取って、次回以降で神経を抜くとのこと。その説明を聞きながら、早く歯医者にかかっていれば良かったと再度後悔した。

麻酔3本(人生初。そろそろ切れつつある。痛い😖)打たれ、口の中に苦味を感じた。
そこまでしても、ゴリゴリ削られると僅かに痛い。
恥かしくも、いい年した大人が半泣きになった。嘘ではなく、うっすら涙が出た。きっと先生や助手の方にも見られただろう。
いつ終わるのかと、体を硬直させながら耐えた。

前回治療が終わってから数日は、何かを口に入れると沁みるのが続いたので、念の為、痛み止めを処方してもらった。
本気で懲りたので、半年に一回くらいは痛みが無くともチェックに行こう。歯医者は嫌い...なんて言っている場合ではない。
その方が、結果的には経済的だ。


さて、表記の件、なんとか読めたので、メモを残しておきたい。

齋藤孝さんはかなり多くの著作があるが、僕はおそらく2冊目。
1冊目は途中まで読んで放置プレイ中だ(~_~;)

この本はFBで紹介されていて興味を持った。
タイトル通り45の単元に分け、生きていく上で見直した方が良いと思われる点を述べている。
20代前半の頃と違い、最近は通常はハウツーものには手を出すことはないが、
本の構成的に、自分にとって有益なヒントになるところをつまみ読みすれば良いかなと思った。

大人になると、どうしても"淀む"人が出てきます。まとう空気が重く、その場にいるだけで、何となく周囲を不愉快にさせるようなタイプの人です。
(P4)

冒頭から僕自身の失敗を書かれているかのようで、いきなりドキっとさせられる。
集団の中にいると、心のどこかで"舐められたくない"という気持ちがあって、不機嫌な表情を多くしてしまったことがあったのだ。もし、同じような経験がある人は、反省を兼ねて読んでみるのも悪くはない。
何か一つでも心に引っかかったことを実践してみると、"脱皮"のするキッカケになるかもしれない。

goal-setting-1955806__340.png

個人的には、筆者が大学院生時代に論文が書けなくて困っていたエピソード(P222)が興味深かった。
悩んだ挙句、タイトルを決める(視点を明確にする)→資料集めという段取りにしたら効率が良くなったそうだ。

「アウトプットを念頭に置いてインプットする」というのは、例えばスキル習得でも同じことが言える。自分が目指す方向に沿うかどうかを意識していなければ、使用頻度が低いことに注力してしまっていることも有り得る。気をつけたい。


尚、巻末の文中で引用した本のリストと著者がお奨めする10冊から、今後読んでみたい本はメモした。

大人だからこそ忘れないでほしい45のこと


ラベル: 体調管理
posted by Joey at 21:17| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

『必ず書ける「3つが基本」の文章術』読了

96年前の今日は関東大震災がありました。
ちょっとツイッターで目にしただけでも、マジ?と言いたくなるような内容を広めている人を見つけました。
自分で積極的に勉強しない限りは、何も見えてこないのは他の歴史的事象と同じです。
迂闊に乗せられないように気をつけたいですね。

office-820390__340.jpg

さて、忘れないうちに先日苦労して読み終えた本↑のレポをしておきます。

文章を上手く書けるようになりたい思いつつも、何をどうして的な部分がイマイチ分かっていません。
何かヒントになるような本はないかと探していたところ、ネット上でこの本のことを知ったので借りてみたワケです。

どういう本なのかと問われたら、情景描写や論理の展開を考える時にヒントになることが書いてあると答えます。
その手がかりとして、「3つ」の要素で構成されているさまざまなパターンを紹介されています。
例えば、『体験、気づき、普遍性』『遠景、近景、心模様』『情景、語らい、共感』『現在、過去、未来』という感じです。
実際に作家の文章を引用しきながら、一体どうなっているのかを検証していく構成になっており、随所で読み手にも考えさせるコーナーもあります。

筆写をすることで、お目当ての作家の文体を習得するという人の例は、僕も見聞きしたことがあります。
根気が続かない僕は、"そこまでしなければ文章は体得できないのか"と思っていましたが、
ある程度の法則性を早い段階で学んでみるというのは悪い方法ではないですね。表現力を磨く上での近道になることは確かです。
普通の新書というより、自分でもパターンに沿って書いてみる為のと手引きと捉えた方が実態に近いと感じます。

なお、筆者の年齢的なモノなのか、引用されている文章は最近の作家は多くないです。しかしながら日本語の美しさを十分感じられます。
説明が無ければ見過ごしてしまうような箇所でも、"嗚呼、こういう見方をするのか"と発見がいくつもありました。



posted by Joey at 20:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事