2018年10月17日

外国人労働者に最も条件が良い国リスト

最近、夕食をあまり食べなくなったからか、
体重が2~3kg痩せました。
独りだと、つい面倒臭くなるのです。
標準体重に、あと数百グラムとなった時に鏡に映った
顔がげっそりし過ぎていたので、程々のところで減少が収まってくれると嬉しい。

好きなものを、好きなだけ食べられる生活...をするにはお金が必要です。
日本では、そんなに条件の良い仕事があまりあるとは思えませんが、
海外には有りますねぇ...

どの国が給料が高いのか?というのは、気になる人が多いでしょう。
良さ気な記事があったので貼っておきます。
あくまで駐在員の給料ですから上澄みの層ではありますが、
スイスは以前ネットの記事で知った時にはぶったまげました。

まぁ、日本が安すぎなのです。
特に外食した時の価格で比べるとよく分かります。
本来は日本もGDPを伸ばせるはずだったので、他国に富を提供してしまったワケです。


良い生活をしたいなら、これからは最低バイリンガル。トリリンガルなら、結構引く手あまただと思います。


https://jp.sputniknews.com/life/201810165462094/?fbclid=IwAR1Q50LrnJJsSAgmdjebVcawdBLHu_oeqQ_Y6bsVkfpRH4CMIaL77L1qjNk
シンガポールが様々な評価基準の総合1位となるのはこれで4回目。2位はニュージーランド、3位はドイツ。4位はカナダ、5位はバーレーンだ。

外国人労働者にとって最も給与が高い国のリストも発表された。1位はスイス(年収20万2千ドル=約2257万円)、続いて米国(18万5100ドル)、香港(17万8700ドル)、中国(17万2700ドル)となった。



↓は、↑で紹介した記事中に出てくるリンク先。
具体的な順位表などが見られます。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-10-10/want-a-21-000-pay-raise-hsbc-recommends-you-move-overseas


43225098_1837312519650648_1732449078307979264_n.jpg





ラベル:転職支援
posted by Joey at 22:26| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

人材紹介会社を使う上で気をつけておいた方が良いこと

着信したメールを確認していたら、
某人材紹介会社からの案件紹介に返事をしていないのに気づいた。
いまだに一度も結果連絡くれたことが無い、あの会社からだ。
もう不要と告げても送ってきそうだ

書類通過する為に何をしたら良いかアドバイスをくれたら対応しても良いかな。
落ち続けてへっちゃらなほど鋼のメンタルではありませぬ。


さて、人材紹介会社を使っている方は多いと思うので、気になった記事をシェア。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181012-00010000-biz_jinji-bus_all&p=2
「御社は企業担当と人材担当は同じ方なんですか?」

初回の訪問時などにこういった質問をしてくる企業は、スクリーニング重視のパターンであることが多い。人材紹介会社の中には、人事担当者とやり取りをする営業担当と、求職者との面談を行う担当が分かれているところもある。こうした紹介会社を嫌がる企業に聞いてみると、過去に募集条件にあわない人材を推薦されて困った経験がある、という話が出てくることも少なくない。


これ、応募者側でも知っておいた方が良いこと。
大手を利用した場合でも、営業開拓を電話だけで行っていて、訪問していないということもある。
僕自身、面接に行って"こんなの聞いてねぇよ!"とテーブルをひっくり返したくなったのは何回か経験している。


22788874_936697199821409_1619941247896560694_n.jpg



posted by Joey at 22:20| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

圧迫面接その他(※リンク2つ追加)

僕の就活が頓挫した理由のひとつとして、
面接での扱われ方がある。
やる気を削がれるだけではなく、
自尊心さえも維持するのが難しいなと感じた。

面接で、バカバカしい質問をすることはマジで控えて欲しいよ。
もし今度やられたら、嫌味で切り返して即座に退出するつもり。
付き合ってられない。


なぜそういうことをやるのか?と問いただせば、
面接官側はもっともらしい理由を並べ立てるだろうけど、
採用する気が無いなら友好的にお別れする方が遥かに良いと思うね。
ある映画のセリフで覚えた、”Be nice.”というのは的を得ている。

超人気企業であればふるい落とす意味合いで違う角度からの質問はアリかもしれないが、
無名中小企業でやれば残るのは”怒り”だけだ。





★参考
面接で本音を出したい?
http://double-trouble.seesaa.net/article/453449047.html

面接現場の色々
http://double-trouble.seesaa.net/article/433209786.html




posted by Joey at 23:29| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする