2019年10月28日

上司との相性

働いている時は、給料増やしたいと本気得思っていた。
その為に成果を挙げることは勿論だが、同時に社内の処世術を学ぶことも必要だ。
ザックリ言うなら、上司に引き上げてもらえなければ昇給・出世は実現しないからだ。
全てにおいて自分でなんとかしようとしても無理だと気づくまでは結構時間がかかった(超汗)

https://www.businessinsider.jp/post-196846
学術的な推定では、少なくとも65%が有能ではない上司とされている(主に上場企業や大企業での分析に基づいている)


過去に仕えた直属の上司を思い出して見ると、
お世話になったことを今でも感謝している人だけではなく、
二度と会いたくないクソ野郎も何人かいた。

出世したのだから自身がやってきた業務で評価されたはずだが、
それ以外のスキルや経験を必ずしも持っている訳ではないのだ。
僕が体験した限り、有能ではない上司は65%以上いると感じている。
自己メンテしないと、年齢を重ねていけば気力・体力が往々にして萎えてくるのは普通のこと。
それゆえ、部下を教育してチームのレベルの底上げができる人が相当な勉強を継続しているのは想像に難くない。


↑のリンク先に、上司のチェックポイントとして↓が挙げられていたので抜粋しておく。
過去の職場では1と4に該当する人は居たが、仕事面で突っ込んで話のできる上司はいなかった。
転職エージェントのコンサルタントやハロワの窓口の方でも、
スキル向上に関してアドバイスしてくれる方には殆どお目にかかったことはないから、
もしかしたら難易度が高いのかもしれない。

1. 直属の部下から好かれているか、少なくとも尊敬されている
2. 同レベルあるいは競合するチームに比べ、チームが優れた成果を挙げる傾向にある(社内外ともに)
3. あなたのパフォーマンスを改善する、建設的で重要なフィードバックを頻繁にくれる
4. あなたのよき理解者であり、長所と短所、潜在能力を正確に把握できている
5. 指導者として適任で、いつも進歩させてくれる


DtDRZvFWoAA2Rlu.jpg

★追記
↓のような転職活動は面白い。
勿論、若年層若しくは求人が多い職種には限られるが。
早速エージェントの面々が喰いついてきている(~_~;)


ラベル:仕事選び
posted by Joey at 20:17| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事