2019年11月24日

TOEIC(第245回)の日でしたね

今日は試験当日ということで、TOEICがツイッターのトレンドに上がってきたのでチラ見。
遅刻して受験できなかったという人や、恒例の難易度の感想が目に入った。

この難易度の印象は、各自の習熟度によってかなり変わってくるので鵜呑みにはできないが、未だに難化傾向は続いているようだ。
一つ気になったのが、オーストラリア人のナレーター対策はしていた方が良さそうだ。
モリテツ先生の動画を観ても、慣れていないと手こずりそう。

ツイッターを見る限りでも問題集をやたらとやっている人が多いようだが、実践で使うという意識も忘れない方が良いと思う。
今日の動画↓↓でもダルビッシュ選手もアウトプットの大切さを強調している。
教える側になる人や趣味で受けている人以外は、やはり語学は使えないと意味が無いからだ。

僕は話す練習は5月から中断したままでも、
最近は殆ど毎日何かしら英文は書くようにしている。
ちょっとしたことでも自分の考えをまとめてFB他に投稿する。それに反応があれば嬉しいもの。
また、ネイティブの投稿で英語の試験では出てこない表現を見つけると、密かにお宝を発見した気分になる
それを早いうちに使ってモノにする。

単に問題集をやるだけでは面白くないので、それ以外に何か興味のあることを見つけると語学の勉強は楽しくなるのではないかな。



僕もそろそろ久々に受けようという気にはなっているが、前のように準備ゼロでは意味が無いので勉強を習慣にしなければ(~_~;)

70289007_2588047237939117_5887272708130996224_n.jpg

★追記
昼間ジョギングで天神に寄ったら、
七五三で訪れた家族+ジジババがいた。
綺麗に着飾った娘二人。
拝殿内には、お祓いが終わったと思われる家族が写真を撮っているのが見えた。

僕もやって貰ったナ。
一度だけだと思ったら、その後二度も連れて行かれて、一体何なのだろうかと子供ながらに思った。確か、千歳飴を買ってくれたような記憶がある。
ウィキを見ると、どうやら江戸時代に始まった風習のようだ。
細かい部分は継承されていなくとも、健やかな成長を祝うという意味合いでは良いのでないかと思う


ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 22:10| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事