2019年11月25日

豆腐メンタル

隣国出身のタレントの訃報を知った。
ファンというワケでもないが、
色々と考えてしまう出来事であることは間違いない。

今回の死因は自殺とのことだ。
ウィキによると、"OECDによれば2002年以降人口10万あたりの自殺者数では日本を超えている"そうだ。

生きていれば、
辛いことにも出くわす。
消えてなくなりたくなる気分になることは僕にもあるが、実行に移す勇気はさらさら無い。
不満、怒り、嘆き...負の感情をなんとか押し退けて、社会の片隅で生き長らえている。

人は、心身の痛みが解消しない時に自殺したくなるのではないかな。
殴られたり、どこかにぶつかったくらいなら、数日も経てば痛みは治まる。
しかしながら、鋭く刺すような痛みが一向に引かないなら、生きる勇気は減退する。
メンタル面に関しては、どういう環境で育ったかでも違う。
困難に対して免疫が出来ていなければ諦めたくなる
特に、あまり失敗することも、厳しく怒られることもなく過ごしてきたら、
その反動は↓のような形で出てくることはあるだろう。

★参考★ 就活自殺 https://ieiri.net/blog/archives/3305


彼女がどういう問題に直面していたかは、他でも色々出ている。
それが事実かどうかは分からないが、数か月前に自殺未遂をしてしまうほど
追い詰められていたのは明白。
一度壊れかかった人は周りが注意して見ていないと、突然暴走することがある。
自殺未遂=>再度トライというパターンは日本でもあり、注意が必要だ。

多分、その役割を親友が担っていたのかもしれないが、
1か月前に失ったことが拍車をかけたのだろう。
人はフィジカル面で耐えられても、メンタルが豆腐並みの人は割といるので、
偉い立場の人は心しておいた方が良いと思う。


ちょっとメンタルヤバそうな人は、性別を問わず気性が荒い人とは距離を置くのを勧めたい。
警戒しなくて済む、安全基地になってくれる人をとにかく確保しよう。

DSOGA6NV4AAnyA3.jpg

ラベル:生きること
posted by Joey at 20:30| Comment(0) | どん底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事