2019年10月15日

無職、歯の神経を抜く

今日は歯の治療日でした。

麻酔が切れつつあるので、
顔面左側が麻痺と痛みが混ざったような感覚です。
やっと痛みとオサラバできるかと思ったら、神経を抜くのはあと1本あるのね...(計2本)
あと2週間、コレを付き合うのか。
常温の食べ物でも痛む時があるので、結構憂鬱。

神経を抜くということで、ラバーダムというゴム製のマットを口にかけられ、
歯だけが見えるような状態にして治療が行われた。
唾液には細菌が含まれている為、治療中に入り込まないようにするためのもの。
ずっと口を開け、尚且つ唾液を飲みこまないように、色々と突っ込まれたのは、初体験。

前回は、麻酔を3本も打たれた上に激しくゴリゴリやられたので、嫌な思い出が何度もフラッシュバック。
できることなら逃げ出したかったのが、麻酔が効いていたので、治療中の痛みはほぼ無かったのがせめてもの救い。

brain-3168269__340.png

★追記
処方された痛み止めを飲むと、即眠気に襲われることを先生に告げたら、一番キツイ奴を出したとのこと。それなら前もって言わないと、車を運転する場合とかは危ないよ。
市販のロキソンニンでも良いかもしれませんねえ...と言われたが、僕には効かないのは実証済み。
ズキズキするのをアルコール消毒(缶チューハイ)しているところ。

ラベル:体調管理
posted by Joey at 19:20| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事