2019年11月13日

文句を言っていても、実は...

ほぼ毎日、香港の状況をレポしたツイートがシェアされてくる。
香港警察(のフリをしている人民解放軍)の行状も...だが、ゲリラたちの行動も、最初は自由を求めていたとしても、今や全く褒められたモノではない。テロリストとなんら変わらないのだ。
21世紀になって、海を隔てた隣国でこんなことが起こるとは信じ難い。



勝間和代さんは、"起きていることはすべて正しい"を座右の銘にしているそうだが、香港や他の紛争地域に生まれた人には、とても残酷な響きがある。
会社では逆らった僕も、流石に公権力に肉弾戦で立ち向かうほどワイルドではない。
香港人のような立場になったら「他国に逃げる」の一択だ。
何かあれば、移動の自由まで奪われてしまう中共の管理下では暮らせない。




ある人は日本は何故声を上げないと書いていたが、中国政府に一喝されて終わりだろう。
核を持ち、200発のミサイルを向けられている国に、官邸が強気に出るとは思えない。
武力の後ろ盾のない外交交渉ほど結果が見えているものはないのだ。
やれるとしたら、単独ではなくアメリカ他と協力して交渉するくらいだ。
ただ、双方が妥協できる落としどころが見えない以上、
正義感だけで突っ走ってしまうとイラクのように余計な混乱を招くだけになる。

世界を見渡すと色々な国でトラブルが起きているのに、
日本では狂った議員や桜を見る会を一生懸命報じている。
機会があれば、中の人に報道するニュースの選別は
一体どういうつもりでやっているのか訊いてみたいワ。

アベガーとか、メディアも国民も文句を言いながらも、
実はみんな平和を享受しているのを意識していなさそうだ(~_~;)

poster-316690_960_720.jpg



posted by Joey at 16:23| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事