2021年02月17日

未婚、非婚、離婚〜おひとりさまで生きていくこと

GGBBaの世代とは違って、今や離婚率が3割を超えるジャパーン。バツイチは大して珍しくなくなった。
その一方で生涯未婚率(50歳の時の未婚の人の割合)も増えている。↓のサイトによると、2015年では、男23.4%、女14.1%となっている。
https://fromportal.com/kakei/household/life-events/lifetime-unmarried-rate.html 

90年代半ばに第三次ベビーブームが起こらず、バブルの後処理や大店法や派遣法などが改正され、職の不安定化が一気に進んだことは大きく影響している。↑のサイトにある推移を見ると一目瞭然だ。2000年から急激に増えている。
『とにかく結婚しちまえよ』的なアドバイスをする輩もいるが、個人の生存が危ういのに扶養家族を持つのは無責任だろう。

結婚自体をどう捉えるかは人それぞれだ。
僕自身は今の状態はともかく、自分が家庭人になることがどうしても想像できない。
忍耐力が足りないことに加えて、自分と周りから否定されてきたのが心の何処かで引っかかっている。このメンタルブロックはなかなか解除が困難だ。
両親が繋いでくれた命のバトンは弟が絶やさないでくれたから、少しだけ安心している。


最近、森元首相の発言を巡って"男女平等"を謳う人たちがやたら目立つようになった。
この動きに乗ってしまえと言わんばかりの、小賢しい政治屋も目にする。

有能な女性にどんどん仕事をしてもらうのは悪いことではないが、平等を求めたら責任も付随する。当然の如く仕事量も増えるだろうし、家庭を切り盛りすることなんて無理になる。
少子高齢化に拍車をかけるつもりなのか?と思わざるを得ない。

本来なら、専業主婦(夫)と子どもを養えるくらい稼げる仕事が無くなりつつあるのが根本的な原因なのではないかと思うのだ。


https://danro.bar/13185357/
静香:福島さんは今、子どもがいない人生をどう思っているの?

福島:こういうことを口にすると非難を浴びそうで周囲にはあまり言ったことがないのだけど、実は「子どもがいなくてよかった」と思ってる。独身の時も結婚中も、一度も心の底から「子どもが欲しい」と思ったことがないんですよ。どうしても子どもを産んで育てる自分が想像できない。無理やり想像してもヒステリックな自分しか思い起こせないんです。ちゃんと育てることができそうにないというか。

静香:わたしもちゃんと育てることができないとは思うけど、それでも子どもは欲しかったかな。結婚はしたくないけど子どもはいてもよかったかなと思う。

福島:そういえば30〜40代の頃、「結婚はしなくてもいいから、子どもだけは欲しい」と周囲の独身友達がよく言ってました。その気持ちがまったくわからなかった!

静香:なんかね……「命の連鎖を私のところで止めてしまった罪悪感」があるのよ。






ラベル:親子 ぼっち
posted by Joey at 23:45| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事