2021年02月15日

貴重な時間と命の軽さ

相変わらず、昼夜逆転生活。
日々のタスクをやろうとしても、ついYouTubeを見てしまうのは本当に止めないといけない。
音楽以外は基本的に再生速度を上げており、x1.75〜x2.0で聴く場合もある。
それでも気づいたら時間が経ってしまっているのは、量が多いということ。毒にも薬にもならない動画にはサヨナラしよう。某氏のように、40分以上の動画を平気で週に何本もアップしてくるのは視聴者の都合を全く考えていないとしか思えない。

また、個人のニュース系の動画では、単なる伝聞を大げさに伝えている場合も少なくないので注意が必要だ。そういう番組を見る場合は、あくまでも娯楽として楽しむ。

因みに、僕が最近殆ど見ているのは↓の2つ。両方とも面白いし、楽しめる。

■及川幸久 THE WISDOM CHANNEL(※政治経済関連の動画だけ視聴)
https://www.youtube.com/channel/UC2ZOs7TIgeV6WNg_2wLZPFg

■デーブ大久保チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCKa1VlSq1WwdSQWv4JFdgxg



動画といえば、先日アメリカ人のFBFが投稿していた内容の元動画が日本語訳付きでシェアされてきた。
トランプがやったことを、悉くひっくり返す大統領令をバイデンが乱発しているのは報道されているが、↓もその一つ。
インスリンの値段が暴騰したため、苦しんでいる母親の怒り。当人にとっては命に関わる問題なので、看破できないのも無理はない。
日本だって、自由貿易協定の余波で国民皆保険が形骸化すれば、馬鹿高い医療・薬剤費を払わざるを得なくなる。




もう一つ、食についても書いておこう。
有機農業への感心が世界的な高まりを見せているにもかかわらず、ゲノム編集食品がいずれ日本でも出回る。
ウンコすぎて、狂っているとしか思えないのだが、イギリスでも↓のような動きになっているようだ。
日英包括的経済連携協定の影響ではないの?と勘繰っている僕は心が曇りすぎだろうか。農水省が日本でやったのと同じだ(^^;)

英国政府は「ゲノム編集」を事実上無規制にする方針を打ち出し、1月7日に10週間のパブリックコンサルテーション(パブコメ)を開始した(4)。英国政府は「ゲノム編集」を無規制にした時に健康に与える影響や英国の農業に与える影響など検討をまったくせずに。

https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/5015184368508353


Er22Y7bVEAAVkP8.jpeg






ラベル:生きること 海外
posted by Joey at 22:59| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事