2021年02月06日

元首相の件 +『ぼくのしゅうかつ』

ここ数日間、元首相に対する非難が凄まじい。
失言は消せないが、そこまで責めるべきことだろうか。
辻さんのブログを見ていたら、フランスでも報道されたとのこと。

そして、こともあろうに駐日大使館が、ツイッターデモまで行った。
ウイグルやチベットの件では声を上げないくせに、暢気なものだ。
#男女平等 を掲げるのは買ってだが、男と同じ責任、仕事量、厳しさを受け入れるのだろうか。
レディー・ファーストだって、アンフェアと言われるぞ。


僕が違和感があるのは、日本人は相手のミスや失敗を許容しないこと。
特に、反論ができない公職に就いている人や芸能人などには容赦無い。
モリカケのようにフェイクでも、延々と責め続ける。
この傾向は年々酷くなってはいないだろうか?

元首相の表情を見て容易に分かるように、健康体ではあるまい。癌患者の顔色だ。
それなら辞めろという声に対しては、誰が代わりをやるのかと問いたい。
相手に舐められないレベルの国内外の要職に就き、尚且つネゴの経験がある人となると、候補者は絞られていく。
まさか、野党のボンクラを勧める人はいないだろう。

しばらく前に、李登輝さんの葬儀参列で男気溢れる対応をしてくれたのを知った時、僕は誤った印象を持っていたことを悟った。
メディアが好き勝手に情報を流すので、なかなか有名人の本当の姿は捉えにくい。
ましてや、今ネットを使用している中心的な世代とはかなりの年齢差があり、考え方などが全く違う。だから、ある程度の批判はやむを得ないのだが、人を許すということを覚えるのも必要ではないだろうか。昨年、種苗法改正で自分の意見(内容的には正しい)をツイッターで述べた女優さんを、数ヶ月経ってもボロクソに書いている人を見て、ちょっと怖くなった。
SNSは、相手を切るだけではなく自分の心も切ってしまう、文字通り諸刃の刃になりつつある。


今日知ったことも書いておこう。東京五輪は、中国共産党100周年の行事と、実は日程が被っている。
だからこそ中止に追い込みたい勢力がいるという声があるそうだ。
各国の駐日大使館のツイッターデモも、なんか不自然なのだ。昔、日本の政治家が失言した時は、ここまでやったかと。

感染のピークが過ぎているにもかかわらず、今回は医師会などが作成した6指標の為に自粛解除宣言が出せなかった。
昨日書いたように、コロナは恐怖を煽れば自粛期間を意図的に延ばせる。それゆえ、無理矢理五輪を潰すのは容易だ。元首相叩きもその流れだろうな。
一方、北京冬季五輪で華々しくコロナ終息を宣言できれば間違いなく目立つから、あながち嘘・陰謀論では片付けられない。


★追記
ある就活中?の海外の大学を卒業した女性が作ったゲーム。自身の体験した内容が盛り込まれているらしい。
気になる方はチェッキン!

『ぼくのしゅうかつ』
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm18315
ラベル:失敗
posted by Joey at 23:32| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事