2021年01月21日

耳が痛くなる音

某バンドが新譜のリスニングパーティーをしていた。
皆で一つの音源を聴いてネットに感想などを書き込むというものだ。

昔外タレが何処かの会場を借りて行ったというのを雑誌で読んだことがあるが、それはあくまで販促の一環としてリリース前に行われたもので、今回はリリース後で参加者は既に皆音源を持っている。
ちょっとだけ書き込みを見ると、海外からの参加者もいて、各々楽しんでいるのが伝わってきた。

僕は音源を買ってはいないが、何曲かは聴いた。
ちょいと気になったのがミックスの仕方。洋楽、それも僕が好んで聴くのようなタイプと違って、ヴォーカルやドラムが耳に痛い感じがする音なのだ。HR/HMを通っている身としては、五月蠅い音にも免疫があるはずなのだが、キツかった(^^;)
最近流行りの音作りなのだろうか。


★追記
前も書いたように、僕はCDを買わなくなった。前回買ったのは、「The Last(スガシカオ)」だ。ご本人がツイートしていたので、どうやら5年も経ったようだ。

買わなくなったのは財政的なこともあるが、一番の理由はケースから出してトレーに乗せるというのが面倒になったからだ。それだけ、ネット上で手軽に聴けるようになったのは生活スタイルを変えた。
ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 23:51| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事