2021年01月07日

ジョーバイデンが新大統領?

バイデンが、次期大統領として認定されたとヤフーのトップニュースに載っていた。
海外のメディアではまだ見かけていないけど、トランプを免職させる動きがあるからなのか?
ペンスが裏切った以上は覆すのは無理だろう。
一つの時代が終わったなぁという感じ。

ペンス 虎.jpg

不正選挙があった州は、選挙人の投票を差し戻して州議会に決めさせるという憲法上のプロセスを踏むことを期待していた人が多かったのに、実行されず。

トランプに敵が多い理由の一つは、メディアによるバッシングで偏向イメージがついてしまったことが挙げられるが、オバマより爆弾を落としても、人を殺してもいない。過激に見えても、優しさが垣間見える。
だからこそ、周りが限定的な戒厳令を発布することを勧めても了承しなかった。それが仇になったように思えてならない。↓を見れば分かるように、今回のワシントンDCでの騒動は警察とアンティファ/BLMが組んだものだ。それなのに、トランプのせいにされるのは、いささか気の毒としか言いようがない。

それ以外でも、11/3に続き、1/5のジョージア州の決選投票でもバイデンジャンプがあった。要は選挙は意味が無いのだ。
民意を反映させない国になったのを目の当たりにして、世界一の大国が凋落していく寂しさを感じざるを得なかった。
どんなに証拠を提出しようが、まともに取り扱う組織はない。
シドニー・パウエルが、証拠に基づいて大統領選挙の不正を暴いた270ページの報告書を公開しているが、選挙結果に影響を与えるまではいかなかった。

及川 アンティファ.jpg

及川 アンティファ 2.jpg

反旗を翻した人間は脅して黙らせる。暴力革命を標榜する共産主義そのままだ。
悲しいけど、アメリカはかつてのアメリカではない。卑怯な手を使って当選した人間が国の運営をして、国民が幸せになるとは思えない。
特にバイデンは認知症が疑われているが、せめて4年の間は執務不能にならずにいて欲しい。そうでないと、極左のハリスが代行することになる。






★追記
連ツイにも香ばしい現実が...



ラベル:海外関連
posted by Joey at 19:43| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事