2021年01月05日

シベリア抑留とアメリカにおける新型コロナの死亡者数の推移

部屋の中が相変わらずシベリア並に寒いなと思って、昨日はエアコンを点けていたら、喉がカラカラになってしまった。
慣れないことをする時は注意が必要だな(^^;)



さて、そんなことを考えていたら、シベリア抑留に関するツイートを発見。
赤化教育をされた例もあり、コメントを全部興味深く読んだ。
僕は親戚中で従軍した人の話を聞いたことがなく、いまいち実感が沸かなかったのだが、身内からシベリアでの話を聞かされた人が意外といて驚いた。
抑留という言葉からは厳しさを連想し難くとも、実際は多くが奴隷同然に扱われた。
ポルトガル人によって日本人奴隷が輸出されて以来のことになる。

よく、隣国の人間が謝罪と賠償を!とか騒いでいるけれど、↓のツイートに書かれているように、本当に悲しいこと、辛いことをを体験したら口をつぐむ。あんな風に勇ましく人前には出てこれないと思う。

 

あと↑で知ったこととして、「シベリア抑留問題への対応」(←ウィキへのリンク付き)についても日本の対応は非常に冷たかった。



★オマケ
興味深いアメリカの全人口における死亡率の推移。
あれだけコロナで騒いでいて、こんな感じなのか。
今年が目立って増えているワケではないというのは非常に不思議。
Rateに関しては数字を丸めすぎだが、大よそ0.8%ではある。
https://twitter.com/tokiyankees/status/1345963881458372608/photo/1

百田x及川対談でも米国の死者数に言及あり。
https://youtu.be/xgeX1PMK088?t=1069
ラベル:生きること
posted by Joey at 22:05| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事