2020年10月24日

上手く笑えているか?

先日の訃報で全世界のロックファンを悲しませたエディ・ヴァン・ヘイレンは、ギターを弾きながらニコニコしている人だった。
ミュージシャンの中でも、特に笑顔が印象に残っている。これはハードロックの人気を押し上げた一因でもあったはず。

身の回りで思い出す例としては、当時の上司が自然に笑顔になれる人だった。
西洋人では珍しくはないが、日本人では少ない。
オトコなのによくまあこんな風にできるものだなと、感心した。
そこで自分はどうなのだ?と振り返ってみたら、あまりにもできていないので愕然とした。
まさか、まさか同じような悩みを抱えている人がいるとはね↓↓↓



楽しいことがあれば、誰も笑える。
生きていれば、ムカつくことの一つや二つ抱えているのは普通にあることだ。
そういう中で自然に笑みがこぼれる人は性別を超えて魅力的に映るし、生きていることに楽しさを見出しているのであれば大いにリスペクトしたい。

僕自身、なるべく忘れないように"広角を上げろ"と意識している。本当に些細なことだが、ごくたまに相手が反応して相好を崩すこともある。この程度でも伝播するのだから、普通にできれば、人間関係にも多少は良い影響をもたらしていたかもしれないな。


99157966_2925551657514526_9006738774117318656_n.jpg


ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 23:08| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事