2020年09月26日

前職調査と転職妨害

久々に布団で寝たような気がする。

このところ睡眠サイクルが滅茶苦茶になっていて、
眠気に耐えられなくなると2〜3時間雑魚寝で凌いでいた。

コレが続くと、頭が冴えない状況が続いてしまうから、無理矢理でも直さないと...


さて、気になるツイート↓があったのでシェア。
あまり余計な情報は伝えない方が良いのは確かだと思う。

某社にいたとき、そこには競合から引き抜いてきた人が多かった。
中でもエンジニアは10名くらいいて、元の職場に悟られないように、一旦別の会社に入るという手の込んだことをしていた人もいた。客先がバッティングしているので、バレていたかもしれない。
外資だと、転職の際には「○年間は競合に行かない」と誓約書にサインをさせられることもある。


リプに前職調査の記述があるので僕が知っている例を書いておく。
実際に電話がかかってくる可能性はある。
先に辞めた人の例も知っているし、僕の件でもH社の系列会社から内定が出た時にかかってきたと後輩から聞いた。
大抵は良いことを言ってくれるようだけど、今はどうか分からないな。

ある会社では、僕個人のレポート(A4で2枚程度)を目の前に置いて面接されたこともある。
何処かの会社に依頼して作らせたのかどうかは不明。気持ち悪くて内定は蹴ってしまい、それ以降、人材紹介会社が冷たくなった(^_^;)

規模の大きい会社であれば、内定を出す予定の人の前職や出自について、ある程度は調べていると思う。







ラベル:仕事選び
posted by Joey at 23:46| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事