2020年07月11日

梅雨の一日

雨が止んだ隙間を狙ってジョギングへ。
先月から、殆ど合羽のお世話になっていないのは本当に嬉しい。

薄曇りの空の下、足を延ばして本屋に寄る。
どうしても、ある作家の記事を読みたかったのだ。

近所の本屋にはおいていなかったその雑誌は、大きさ違いの2種類が売られていた。
このご時世、ここまでやって採算が取れるのかと他人事ながら心配になってしまうが、これだけ続いているというのは大丈夫だという証に違いない。
2ページのインタビューが主体の記事は、その作家が書いた文章ほど感激はなかった。
文章を書くのでは無く、喋ったことが文字になっていると、随分印象が変わるのだなぁと思った。

他の本もちょっとだけチェック。
昔はゆっくり読めたはずが、今ではさーーーーーっと気になる記事だけ探してページを捲ってオシマイ。
PCのモニターばかり見ている生活が長くなって、文字を追うのが苦痛になってきているのだ。
特に照明が薄暗かったりするとおもむろに拒否反応が出る。あと数年で眼鏡が必要になるのかなぁ…

一旦、帰宅してから、チケット代を払いに行く。
勿論、いただける10万円の一部を充当予定だ。

いつも思うのだけど、来年のライブでもこんなに早くから集金し、発券まで随分時間があるのはどうしてなのか。
あと、手数料は高過ぎ。5%を超えている。
ライブによっては、わざわざ郵送して利ざやを稼ごうとする例もある。
必要な経費は払わないといけないが、いずれは航空券などのように自宅で印刷したり、スマホの画面を見せて済ませるのも出てくるだろうな。



ラベル:音楽
posted by Joey at 23:54| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事