2018年05月05日

GDPR? Google Analyticsのデータ保持期間変更の件(+分かり易かったサイト)

元子供であっても、店頭に柏餅が並んでいると気にかかる。
本当なら1ヶで充分だったが、4ヶ入りを買ってしまう。
炭水化物祭りで現在満腹。


少し落ち着いたので、Googleから続けて着信していた怪しげなメールを処理。
チラッと見ると全編英語のヤツが殆どだったので、読む気にならず。
日本語でも、法律関連の文章は読むのは分かり難くて好きではないのに、
全編英語だったら尚更だ。

それゆえ、"やらなきゃ"と思いつつ放置プレイしてたのだが、重い腰を上げてチェックしてみた。
データの扱い方?が変更になるらしい...
英語メールは、こちらが何かしなければいけないのかどうかを確認して、それ以外は敢えて無視。読んでも明日には忘れるだけだ。

アナリティクスは、設定を変えないといけないので、解説ブログを検索してみた。心優しき人のブログをいくつか発見。
↓が参考にした中では、一番分かり易かった。謝謝。

https://magazine.fluct.jp/2018/04/27/5820
この仕様変更の本質はプライバシー保護にあります。データの自動削除機能を利用せずに情報を保持し続けることは、GDPRに抵触するリスクを抱え続けるということになります。閲覧ユーザーのデータになるので、EUからのアクセスを禁止していない限り、ほぼ全てのメディアにリスクがあると言えます。


DcU_QwZUQAQCL8T.jpg

★追記
ブロガーなのに、アナリティクスとかの使い方が良く分かっていない僕はマニュアルが無いとお手上げ。
以前はこんなものかな?といじりながらやっていたけど、頻繁に使っているワケではないので、知らないうちに仕様が変っていると脳みそがショートしそうになる。マニュアルを買わないとダメだな(~_~;)

ラベル:ネット
posted by Joey at 21:00| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: