2021年01月17日

栄養とダイエット

いつもなら、冬場は睡眠時間が延びる傾向にある。
昨年末頃は8〜9時間寝ても、疲れがとれず、目覚めが悪かった。
寝る時には冷えないように厚着をしていてもあまり効果を感じなかった。

さて、どうしたものかと考えてみると、栄養が足りない。炭水化物摂取量がダントツで多いので、その影響が出ているのか。
マルチビタミンやビタミンCのサプリを少しずつ摂るようにしたからだろうか、睡眠時間が短くなった。最近は、夏場とほぼ同じ7時間程度。取り敢えず、嬉しい。
たぶん、以前と違って体温が自然に上昇してきているのだろう。睡眠の質も向上している。
手っ取り早く空腹を補うには炭水化物を選びがちだが、栄養不足は体調にテキメンに現れるから注意しないと。


元プロ野球選手の清原さん↓の例を見ても分かるように、炭水化物は魔物だ。
もはや現役時代の面影はない。ホームランを打つどころではなく、バッティングセンターで空振りした挙げ句にネットに倒れ込んだシーンはご本人もショックだったはず。
理論的には摂取カロリー以上に消費すれば良いのだが、そんな量の運動を続けられる人は皆無だ。



昨今、様々なダイエット方法が紹介されており、色々とチャレンジした人もいるだろう。
かなり知られてきた糖質制限も実際に効果はあるものの、その本質を誤解されていることが多く、ちゃんと本を読むか、知識のある人に教えを乞う方が良い。
面倒臭いのが嫌なら、必要なたんぱく質、脂質量を最初に摂ってから好きなものを食べるようにするだけでも違ってくる。
ラベル:食事 栄養摂取
posted by Joey at 23:30| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事