2021年01月30日

サンドイッチではない方のClubhouseに注目が集まっている?

Clubhouseについての投稿をする人が増えてきたな。当初は有名人が主体になるのかなぁと思っていたら、既にそうでもないようで、僕のツイッターのフォロワーさんでも招待された人がいる。
『クラブハウス招待専用LINE@』なんていうのもあるくらい、招待されることがステイタスになっているのだろうか。
音声SNSというように今までと少し趣が違うので気にはなるが、僕が招待されるとしたら、そうとう後だろうなぁ。なんとなく、いずれmixiのように招待制ではなくなるような気がするな。

有名人や女性ならいきなり入っていっても溶け込めるだろうが、リアルで立ち話さえしたことなければ、いきなり見ず知らずの人の会話に入るのは色々な意味でハードルが高そうだ。

詳しく内容を知らないので単なる思いつきだが、会話が減っているお年寄りやひきこもりの人たちにとっては悪くないツールかもしれない。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/clubhouse_jp_6012372ec5b61cb95350f77a
日本語圏でも著名な漫画家が数人で雑談していたり、研究者が著名ブロガーと一緒にClubhouseのアプリの機能への要望を述べていたりと、聞き流しているだけでも興味深かった。

音声で話している無数のチャットルームが生まれては消えていくイメージで、様々な人たちと音声で会話したり、誰かが話していることを横から聞くなどできる。話している人に指名されるか、挙手ボタンをタップして承認されれば、聴衆も会話に参加することが可能だ。


ラベル:海外 気にしない
posted by Joey at 23:37| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

ネット上の人間関係

ある人のTLを覗いていた時、気になるツイートを見かけた。
遡ってみようとしたら、ブロックされているので表示されない。
その主は某言論人である。1〜2度見かけたことはあるが、興味を持てそうになかったのでフォローさえしなかった。勿論、絡みも無い。

思い当たるのが、彼が某作家をネット上で口汚く罵っていたこと。
その際に他の人がブロックされたと書いていたので、腹いせに見つけたユーザーを片っ端からブロックしたのだろう。お堅い仕事をしている輩が怒りの感情の赴くままにブロックしている姿を想像するだけで、なんだかなぁと思う。

こういう風に無関係/巻き込みでブロックをする有名人は何人かいるようで、実体験ツイートはいくつも見つかる。一般人でも、プログラムを組んで自分の好みではないツイートをする人をブロックしまくっていた例もあった。
政治家のブロックは公職ゆえに国民の知る権利の侵害に該当するかもしれないが、民間人であればその限りではなくとも、人気商売に就いている人は将来のファンになる可能性のある人を減らすのは得策ではない。

人の気持ちはコントロールできないので、ブロックされたら「さようなら」しかない。僕は相手のIDを目にする機会がありそうな場合は、こちらもブロックする。そうでなければ放置である。
気になる人は、自分の垢がどうなっているかを調べてみてはどうだろう。

人と分かり合うには接触回数を増やすことが必要だが、ネット上では共通の価値観や嗜好が明確でない限りは一期一会で終わる。それを知ってか知らずか、無礼な書き方や対応を目にすることがある。SNSは良い発明である反面、不必要なストレスを有無こともあるから注意したい。


★追記
ちょいと気になるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を発見した。
鬼滅の刃とは、また違った魅力があるようだ。
アニメ坊ではない僕でも非常に興味がある。

TV版では、特に第10話が人気あるらしく、YOUTUBEでは海外の人がリアクション動画をいくつも上げている。
劇場版はちょっとストーリーが違っていても、大いに泣けるらしい。

人間関係に疲れた時に見ると、気分転換になって良いカモ。


 

あと、これは京アニで作られたようだ。
例の事件とストーリーを考えると、切ない気持ちになる。






ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 20:56| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

マー君の楽天復帰

今日のビッグニュースは、なんといっても↑だろう。

詳細は本人が会見をするまでは分からないけど、年俸を妥協すればMLBでプレイする可能性は残っていたと信じている。
この段階でNPBを選ぶというのは、24連勝した年のように日本を盛り上げるとか、子育ても考えた上での決断ではないかと思う。
残念なことに、アメリカは普通に暴動が起きるようになっている。お金持ちであっても、親という立場なら心配は尽きないはず。それに、これからは左翼・リベラル系の力がより強くなるから益々窮屈に感じることが増えるだろう。だから、都落ちではなく、良い決断だったなと思える。

つい数日前に、デーブ大久保さんが、三木谷会長が直に出ていって話をつける案件だと言っていたが、本当に一本釣りされたのかも(^^;)

もし、これで楽天が優勝したら、ノムさんが生前に言っていたように「神の子」認定しても良いだろう。というか、嗚呼、スターってこういうものかと納得する。
同じく元メジャーリーガーの大魔神・佐々木氏が、復帰後にマウンドの状況等に慣れるまでに時間がかかったと言っていたように、暫くは助走期間が要るのは間違いない。すぐに結果を求めすぎてはいけないけど、コロナで先行き不透明な中で、一縷の望みを託したくなる。


posted by Joey at 23:06| Comment(0) | どん底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事