2020年10月18日

ADSL回線が不調

昨日に引き続いて、今日もYoutubeでライブを観ていた。
最近はパンデミックの影響で、無料で配信してくれるアーティストが多いのでありがたい。謝謝。
そういう状況であるから、他の番組と時間帯がぶつかることもある。

諦めの悪い僕は両方の音を小さく出しながら、時折画面を切替えつつチェックしていた。


何度が画面がフリーズしたことはあったけれど、これは視聴者数によるものかなと考え、特に問題だとはみなしていなかった。
しかし、その間隔が徐々に短くなり、聴きたかった曲の一番良い部分も聴けず、終いにはフリーズ&接続自体が途切れてしまった。

何処か弄ったりしていないのに、こういうことが起きるのどうしてなのか。

「ネットワーク診断」をチェックすると有効なIP接続ナシと表示され、ブラウザを立ち上げても接続できない...orz
家の回線はADSLを使い続けているのだけど、自動で設定が変わってしまうのかなぁ...よく分からん。
取り敢えず、サポセンに電話してもモデムの初期化しろと言われるのだろう。


とにかく、クリップを曲げて小さい穴に突っ込む。
最初は5秒くらい押しても効果無し。再度やって10秒過ぎると「POWER」のランプが赤く点滅し始めた。

よしよし動いたか。
一度、電源とPCに繋がっているケーブルを抜いて、全部のランプが消えたのを確認してから再度差し込んだ。

すると、まるでモデム自体が吃驚しているように各ランプが点滅し始め、少し待っただけで回復した(『DATA』のランプが点いた)


安いからADSLのままにしているが、サービス終了になったらどうしよう...光回線?
特別価格狙いで、2年毎にプロバイダを替える人もいるようだが、それが安価で済ますコツなのだろうか。

ラベル:気にしない
posted by Joey at 22:27| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事