2020年09月18日

人間も機械もポンコツ

炊飯器の調子がおかしい。
なんでスイッチを押しても電源オンにならないのか?と不思議に思っていた。
コンセントを抜いて差し直したりすると上手くいくことがある。
機嫌がわるくなって入るだけか?否、内部で接触不良になっているのか?

気にはなっていてもそのまま使っていたら、コンセントプラグの根元が焦げているのを発見。
嗚呼、やっちまったなぁ...
下手したらボヤ騒ぎになるところだった。


この部屋に越してきてからは、スペースの関係で置く場所と使う場所を分けている。
何度も抜いたり差した挙げ句にビニール皮膜の部分が劣化してきて、銅線が接触してしまったのだろう。
これはトースターでも同じことが同じ箇所で起こった。
以前ブログにも書いた通り、プラグ側だったので容易に直せた。
ドライヤーはコードの本体側がイカれてしまい、使う時に火花が散るほど。
直せたかもしれないが、分解する気になれず捨てた。

この手の話に関連することとしては、アップルの充電ケーブルでも起きるようだ。
参考までにGoogleの画像(←リンク付)を貼っておくので、該当する人は参考にしてほしい。


炊飯器と格闘しながら↓を観ていた。
このままだと研いだ米は捨てるしかないかな?と覚悟をしていたら、運良くスイッチが点灯。再度接触不良にならないように、コードの位置をちゃんと固定しておいた。
https://www.amagaeru.com/u-shi/event/darana200918.html

梅津さんがいるからなのか、2曲RCのカバーをやってくれた。
最後の曲のファズ・ベースにはびっくり。






posted by Joey at 22:14| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事