2020年09月15日

人生に「まさか」は付き物

人生100年と言われるようになって、ウソだろ?と思っていた。
実際に僕の周りでは見聞きしたことがないからだ。
でも、9/15時点で100歳以上が全国に8万450人もいるという。
リストラによる大企業の実質定年が40代。その後40〜50年生きるというのは想像すらできない。
家族と一緒にいられず、体も頭もまともに動かないのに寿命だけが延びるのは、新手のホラー並の恐怖だ。

自分の願う通りに人生が進んでいくなんて期待はしていないが、
↓のようにちょっと考えれば面倒なことに巻き込まれないで済む。



ルノ○ールは、昔同級生がバイトしていたので何度か行って以来、自然と足が遠のいている。
近所に無いというのがその最たる理由だが、メニューはともかく、静かに話すには良い環境かもしれない。
このツイートのコメントに中国人富裕層向けの○春ツアーの話が出てくるが、ある人曰く、お茶している時に隣から中国人♀が爺と寝るのが嫌だという話が聞こえてきたそうな


何を隠そう、僕にも恥ずかしい過去がある。
合コンで仲良くなった♀に、「また合コンをやろう」と持ちかけて良い雰囲気になり、ある日某ホテルの喫茶コーナーに呼び出された。

たぶん、向こうはそういう雰囲気作りも計算尽くだったに違いない(^^;)

席に着いて合コンの話しをするも、上手くはぐらかされる。
そのうち、相手は自社スーツの話をし始めた。カタログを見せられ、初対面ではないから仕事の話をしても問題無いよね?的な台詞を聞いて、自分のバカさ加減を呪った。
一応、休日出勤を切り上げて、電車賃をかけて、わざわざ興味も無い話を聞かされるのだ。

その場は話を濁して早々に切り上げたが、電話攻勢がその後何回かあり、結局ブロックする羽目になった。
某議員が、結婚式のスピーチで三つの坂のネタを話すと言っていたが、そのひとつの「まさか」である。
まさか、合コンで自社商品を売る為のヤツが参加しているとは思うまい。


ちなみに、僕はこの時の参加者としばらく付き合った。
相手もこの営業女史を知っているので、話を振られた時はドキっとしたのを覚えている。


ラベル:失敗 優柔不断
posted by Joey at 22:41| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事