2020年09月11日

選挙には行かん、政治には興味ない...

気になるツイート↓↓↓があったのでシェアしたい。

毎日が忙しければ政治に興味を持つなんて、稀だろう。
世の中には異性や食べ物や趣味といった楽しいことがあるのだ。

政治が自分の生活を向上させてくれるか否か、と考えると直接的なメリットを求めてしまいがちだが、それこそかなりの確率で無理ゲーである。
むしろ、政治家の暴走を抑える意味合いで僕らは関与する必要があるのではないか。

20〜30代の6割が仮に選挙に行く時代が来たら、政治家は襟を正さざるを得なくなる。
だから、麻生さんは「無党派層は寝てろ」と言うのだ。

自分たちの意思を政治に反映させるというのは世代問わず簡単ではないと思うが、SNS全盛になって随分変わってきた。
これまでなら議員会館に赴き、直接陳情していた人の何割かは、ツイッターなどで政治家に直接訴えている。ちゃんと回答を得ている例をいくつも見ている。
このように、民意の把握が容易になったので、政治家も適当に誤魔化すワケにはいかなくなってきている。その最たるものが10万円給付だろう。実現したのは国民の声を反映したものだ。
よく堤さんが書いているように、地元の議員に直接訴えるというのも効果があるらしい。


なお、政治、選挙に関しては、どういう風に考えるべきか分からないという人向けとしては↓を挙げておく。
分かり易いので、大人は目を通しておくのを勧める。

選挙に行く若者へ押さえておきたい3原則 出口治明さん
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171018004984.html






ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 23:41| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事