2020年09月30日

コロナ禍で給与が下がってしまった人たちは多いだろうな...

平均給与が発表された。
どういう計算の仕方をしているのかは不明だが、おおよそ↓のレベルだと思う。
当然のことながら、2020年の武漢ウイルスの蔓延により経済が停滞したため、300万円台に落ち込むことも考えられる。
子どもが進学を控えている家庭であれば、学費捻出に苦労するのは明らかだ。

経緯がどうあれ、ここまで一般人が経済的に痛めつけられたら、率先してお金を使おうという気にならなくなるだろうな。
国としては、明るい未来を少しでも描くようにしないと、デフレ・マインドが消え去ることはない。
なんだかんだ言ってもメディアの力は大きいから、どこか一社くらいはポジティブな切り口でニュースを発信するようにしたら、人の心にすこしずつ影響するかもね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/35bab6b6a5d020371c6af6d9bce92da64876a123
 民間企業で働く人が2019年の1年間に得た平均給与は前年比1.0%減の436万4000円で、7年ぶりに減少したことが29日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。


20200929ax08S_o.jpg

以前見かけたアメリカの平均給与は650万くらいだったと記憶している。
90年代のバブルの後始末以降、コスト高を解消のために中国への生産移管が加速し、結果的に日本人の富の流出が止まらなくなった。

アメリカだって全員が金持ちと言うわけではない。
↓のような光景を目の当たりにすると、バーニー・サンダースのように社会主義を目指す政治家が出てくるのは分からないでもない。今回の選挙でバイデンが勝てば、親中路線が復活し、サンダースが推進する政策が実施されることだろう。


社会主義マンセーな時代になったら、
↓のような人は増えるかも...




ラベル:成長 仕事選び
posted by Joey at 22:12| Comment(0) | どん底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

ブラック企業の条件

ブラック企業という言葉が浸透して久しい。
特に20年以上の失政により、景気が全く浮上しない国になってしまったから、現場で汗水流して働く人たちに無理を言う経営者・上司が多くなってきている。

つい先日観た動画に、転職し出版からネット業界に移った方が出ていた。
落ち目の業界から、好調な業界に変わったことで、職場の雰囲気が全く変わったそうだ。
自分たちの食い扶持確保が容易であれば、ギスギスすることもないだろう。
何回かブログにも書いているように、仕事選びの前に、「業界選び」が必要な所以だ。

市場規模がシュリンクしていく業界であれば、各社でパイの奪い合いが起きる。
必然的に、予算達成が厳しくなる。
そうなると、ネットでブラック!!と囁かれるワケだ。

ブラックという言葉が、仕事に厳しいだけで安易に使われていることは確かにある。
個人的な目安として、以下の3点のうち、1つでもあれば厳密にはブラックだとは思わない。
要は、何も得られなければ、確実にブラックだ。恥ずかしながら、過去に焦ってそういう職場に入ってしまったことがある。
今でも、「貰った金を返す時間をから、時間を返せ」と言いたくなるほど無駄なことをした。

1.従業員が経験を積める
2.普通以上の給料を貰える
3.職場の人間関係で精神的な満足がある



さて、ブラック企業の条件をリストアップされたサイトがあったので、
↓のように僕が経験したものを選んでみた(一社の話ではない)
嗚呼、頑張ったな自分と褒めてやりたい(^_^;)
これを読んでくださっている方も、不安であればトライしてみたらどうだろうか。

ちなみに、「3」に関しては、僕の入社後に突貫工事で作っていたのを覚えている。
その職場は、会計士と組んで「借入金を利益計上する」粉飾決算をしていた。

1. 面接で説明された条件(配属、仕事内容、待遇など)が実態と全くちがう
3. 就業規則が存在しない
5. 研修期間、試用期間中に退職者が出る
7. 定時より早い時間の出勤、サービス残業、休日出勤を強要される
8. 休暇をとらせない
13. 経営者の主観や気分で解雇、昇進、降格が行われている
16. セクハラ、パワハラが日常茶飯である
17. 賭博(賭けゴルフ、賭けマージャンなど)が日常的に行われている
19. 経営者や上司が社員の悪口を吹聴している
21. 社員が精神的に抑圧され、言いたいことが言えない雰囲気である
24. 個人情報の管理が甘く、社員間の認識も薄い
26. ノルマが厳しくなり、インセンティブが減った
28. 経費の支払いが遅れることが増えた


ラベル:仕事選び
posted by Joey at 23:49| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

新型コロナの影響〜住居確保給付金の申請者が急増???

相変わらず、睡眠サイクルが狂いっぱなし。
おい、一体何時間起きてるんだよ😅

さて、気になるニュースがあったのでシェアしたい。
これはかなり深刻かもしれない。
ネットで記事検索をしてみると、自動車会社の工場のある地域?
仕事以前に家の確保...日本の貧困化が目に見える形になってきたという感じ😩

https://www.taguchihome.com/blog/%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91/blog-10848/
コロナの影響で廃業や失業などで収入が減り家賃の支払い困難な入居者が全国的に増えているという事だ。

77ECE2FB-9506-469E-A163-753E5A031D0C-350x467.jpeg

手続き煩雑、自治体疲弊 住居確保給付金 
2020年7月15日 05時00分 (7月15日 05時01分更新)
https://www.chunichi.co.jp/article/89028

住居確保給付金、全国で激増 岐阜19倍、愛知と三重は14倍
2020年9月27日 05時00分 (9月27日 05時01分更新)
https://www.chunichi.co.jp/article/127568/
全国の支給決定数は四〜七月だけで八万五千七百七十九件(速報値)に上り、二〇一九年度一年分と比べ二十一倍余。中部各県でも四〜八月は同十一〜十九倍に跳ね上がり、支援団体からは制度の拡充などを求める声が上がる。
 

住居確保給付金支給が急増 浜松市
2020年6月10日 12時21分 (6月10日 12時21分更新)
https://www.chunichi.co.jp/article/70619
浜松市は九日の市議会厚生保健委員会で、新型コロナウイルスの影響によって経済的に困窮し、家賃支払いが困難な人への生活困窮者住居確保給付金の支給が、四月は十四件、五月には百二十五件を見込み、大幅に急増したと報告した。




★追記
今日読んだ英語ニュースは、アメリカの商業不動産の状況について。
好況なビジネスは日本と似ているかも。

経済を回していくことに関しては、↓に尽きる。恐怖を植え付けすぎた。
"People may be anxious to go back out, go shopping and eat out again."

cater to 〔要求など〕に応じる
It's not all doom and gloom. それはすべての運命と暗闇ではありません
decimate  〜を大量に取り除く、台無しにする、大いに縮小させる
up in the air 漠然とした、はっきりしていない
debt covenant 借入契約条項
https://edition.cnn.com/2020/09/22/investing/commercial-real-estate-recession/index.html





posted by Joey at 23:26| Comment(0) | どん底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事