2019年10月04日

人は理解し合える?

↓は、シェアされてきたモリソン首相の動画。
割と分かり易い喋り方ということもあって、
字幕を併用すれば理解できる人が多いのではないかな。
戦争による怨恨は、日本は強制的に忘れさせられたが、海外では決してそうではない。
特にオーストラリアといえば、戦後、天皇陛下の極刑を望んでいた国の一つでもあるが、
55:59〜では安倍首相と和解をした旨が述べられている。
詳細は調べていないので分からないけど、ここまで言わせたことは評価されても良い。



外国人相手ではなく、日本人同士でも理解し合えないことは普通にある。

相手から自分が拒否されている時や、どちらかの言語能力が欠けている時は、それは顕著に現れる。
特に後者の場合は厄介だ。
土壇場で相手に理解してもらえない場合、パニックにならないように普段から分かり易いロジックで話す/書くトレーニングをしておくのが必要なのではないかなと思っている。

他の人の頭の中を覗く手段の一つとして、文章の各段落冒頭の接続詞(順接、逆接)をチェックしてみるのも良いかもしれない。
特に逆接の接続詞の後は、筆者の感情/考えが出てくる可能性があり、ちょっと注意して読みたい箇所だ。

英語で書き込む時もロジックは気にしていて、
「事実、原因、意見(まとめ)」のように、とっ散らかっているだけの散文にならないようにしている。そんなことを読み手が理解しながら読んでくれるとは全く限らないが(~_~;)

theravada-buddhism-1788675__340.jpg

誰かが投げかけてきたことに対し、それはどういうことなのかを短時間で理解しない限り、効果的な切り返しができない。僕は今でも苦労しているけど、自分の考えを分かり易く伝えられれば、相手が自分を理解してくれる可能性が高まるハズだ。
それでダメなら元から縁が無い人なので、悩むのは時間の無駄だ。付き合いをフェイドアウトするのも辞さない。
ラベル:気づいたこと
posted by Joey at 21:22| Comment(0) | 日々のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事