2019年10月28日

上司との相性

働いている時は、給料増やしたいと本気得思っていた。
その為に成果を挙げることは勿論だが、同時に社内の処世術を学ぶことも必要だ。
ザックリ言うなら、上司に引き上げてもらえなければ昇給・出世は実現しないからだ。
全てにおいて自分でなんとかしようとしても無理だと気づくまでは結構時間がかかった(超汗)

https://www.businessinsider.jp/post-196846
学術的な推定では、少なくとも65%が有能ではない上司とされている(主に上場企業や大企業での分析に基づいている)


過去に仕えた直属の上司を思い出して見ると、
お世話になったことを今でも感謝している人だけではなく、
二度と会いたくないクソ野郎も何人かいた。

出世したのだから自身がやってきた業務で評価されたはずだが、
それ以外のスキルや経験を必ずしも持っている訳ではないのだ。
僕が体験した限り、有能ではない上司は65%以上いると感じている。
自己メンテしないと、年齢を重ねていけば気力・体力が往々にして萎えてくるのは普通のこと。
それゆえ、部下を教育してチームのレベルの底上げができる人が相当な勉強を継続しているのは想像に難くない。


↑のリンク先に、上司のチェックポイントとして↓が挙げられていたので抜粋しておく。
過去の職場では1と4に該当する人は居たが、仕事面で突っ込んで話のできる上司はいなかった。
転職エージェントのコンサルタントやハロワの窓口の方でも、
スキル向上に関してアドバイスしてくれる方には殆どお目にかかったことはないから、
もしかしたら難易度が高いのかもしれない。

1. 直属の部下から好かれているか、少なくとも尊敬されている
2. 同レベルあるいは競合するチームに比べ、チームが優れた成果を挙げる傾向にある(社内外ともに)
3. あなたのパフォーマンスを改善する、建設的で重要なフィードバックを頻繁にくれる
4. あなたのよき理解者であり、長所と短所、潜在能力を正確に把握できている
5. 指導者として適任で、いつも進歩させてくれる


DtDRZvFWoAA2Rlu.jpg

★追記
↓のような転職活動は面白い。
勿論、若年層若しくは求人が多い職種には限られるが。
早速エージェントの面々が喰いついてきている(~_~;)


ラベル:仕事選び
posted by Joey at 20:17| Comment(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

自由とは?

香港での抗議(暴動?)の発端となった、「逃亡犯条例」改定案が正式に撤回されたが、収束の兆しは見えない。
西側の空気を吸って生きてきたのが独裁体制の管理下になるのは、既定路線とはいえ、耐えられないのだろう。



彼らと日本人が意識する「自由」は、おそらく隔たりがある。
日本では生まれた時から「自由」を保証されているから、
ずっと国内にいたら多くの人は有難味どころか、その意味さえ考えたりはしない。
天皇陛下や総理大臣を公共の場でコキおろしても命を失うこともなく、
中国のように「飛行機に乗れなくなる」などのペナルティを喰らったりもしない。

migration-2698946__340.jpg

こんなことを書きたくなったのは、ツイッターでシェアされてきた↓の動画を観たから。

北朝鮮からの脱北者が実体験を話しているもので、自身の父親は粛清されている。
その為、現地では差別の対象となり、母親との逃亡生活を決めたという。
関西訛りの日本語が上手くて、話の悲惨さ(川を渡る途中でワニに喰われてしまった脱北者がいる等)を途中で忘れてしまいそうになる。
21世紀になっても、日本の近隣諸国では人権が蔑ろにされているのは公然の秘密。
もし僕が彼の国で生まれたら、早々に殺されている自信アリ

因みに、体格が良い(良すぎる?)のはカレーライスの食べ過ぎらしい。
炭水化物まみれで太るのはアメリカのフードスタンプ受給者や低所得者層と同じだ。



↑の動画からのメモ。
・自由の大切さ 
・ご飯が食べられる有り難さ
・3割しか脱北は成功していない
・自由の定義を知らなかった


posted by Joey at 23:28| Comment(0) | どん底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

無職の独り言 20191026

昨夜ジョギングから帰った際に、郵便受けを覗いたらNTTの請求書が埋もれていた。
大体10日前には届いていたのが、2ヶ月に1回の送付になったから記憶から飛んでしまう。
ただでさえ、要らないチラシばかり投函されて整理するのさえ面倒に思っているのだ。
雨が続けば外に出ないし、チラ見して何も無さそうであれば放置することも多い。

2週間以上郵便受けの中にいたからか、濡れてインクが染みだしている。
以前もやってしまったことがあるが、問題はバーコードなので、その部分がなんともなっていなければ支払いには使える。

支払いといえば、↓は皆の失笑を買っている。
どう対応するのだろうか。
GDPの底上げを兼ねて、消費に回るなら予算組しても良いとは思う。
一番拙いのは国民の多くが我慢モードに入ってしまうこと。
僕もできれば沢山消費に貢献したいが、現状ではちと難しい。



オカネが無いと、必然的に安価な炭水化物に手が伸びる。
そうすると病気になったり、太ったりする人が出てくる。
僕も一時期は炭水化物を減らしていたが、お金が無くなると背に腹は代えられない。
今や炭水化物が多くなり、食後には低血糖の為に相当眠くなる。
何も喰わず、眠らずにいれないものか(~_~;)

ラベル:気にしない
posted by Joey at 23:22| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事